街中のダイニングバーに


コロナも落ち着いてきたので、最近は街中のダイニングバーに行くようにしています。
やっぱり、ダイニングバーでゆっくりしながらお酒を飲むと言うのが私は好きなんですよね。
普段、仕事がバタバタと忙しいので、どうしてもそういう時間が欲しいなと思ってしまいます。
最近お気に入りのお店は、ロアマカナと言うお店がお気に入りです。
浜松市中区のダイニングバー「ロアマカナ」

ドリンクの種類も多いのですが、割と料理が独創的なものが多くて個人的にとても気に入っています。
どの料理もおいしいのですが、個人的にはカマンベールチーズのアヒージョが好きでした。
こういう珍しいメニューがたくさんあるので、お店に行って何を食べようか悩むのが楽しいんですよね。
今まではずっと1人で通っていたのですが、そろそろ後輩も連れてってあげようかなと思っています。
でも、仕事の終わる時間が別々なので、なかなかタイミングが合わないから難しいと言えば難しいのですけれどね。
でも、個人的にはとてもお気に入りのお店なので、ぜひ連れてってあげたいなと思っています。
そうそう、来月からは仕事も随分と忙しくなるようです。そんなことを上司に宣言されたものだから、今は若干テンションも落ちています。
できれば、来月から仕事が楽になるからと言うのを聞きたかったです。
でも、こうして仕事があるだけありがたいことかなとは思うので、一生懸命頑張って仕事をして、そのご褒美にダイニングバーにお酒を飲みに行こうと思います。

コンサートに行きたいな


クラシックのコンサートに行きたいと思いながら、もう3ヶ月が過ぎました。
コロナの影響でなかなかコンサート自体が開催されないので、なかなかコンサートに行けません。
しかも、行きたかったコンサートは、ことごとくすべて中止。
早くコロナが収まってコンサートが開催されるようになったらいいなと思っていますが、なかなかそういう感じにはならないんでしょうね。

五月雨の季節になりました


今日は朝から雨が降っています。
何というか、五月雨というのにふさわしいような雨の降り方です。
こうして雨が降っているのを見ていると、何となく心が落ち着きます。
そろそろ雨も止み始めているのですが、このタイミングで鳥の鳴き声が聞こえてくると、何というか風情があって好きです。
昔から、雨の降っている日は落ち着いた雰囲気があって好きなのですが、特にこの時期の雨が好きですね。
この雨が降っている時に、少し窓を開けて雨の音を聴きながら本を読んでいる時間が、自分にとってはとても落ち着ける時間です。
これから雨の日も増えるようなので、もう少し読書するための本を手に入れておこうと思います。

ホワイトニングは歯科かセルフか


ホワイトニングに興味があり調べてみたところ、今は歯科医院などで受けるホワイトニングとサロンに行って自分で行うセルフホワイトニングの2種類があるようです。
昔からあるのは、もちろん歯科で受けるホワイトニング。
定期的に歯科に通ってホワイトニングを受けることによって、徐々に歯の黄ばみなどが取れて歯の白さを取り戻していきます。
歯科で受けるホワイトニングの一番のメリットは、やはり安心感でしょう。
歯科という医療機関で受けられるホワイトニングなので、そういった部分での安心感はあります。
ただ、やはり歯科で受けるホワイトニングは、全体的に料金が高めに設定されています。
ですが、安心してホワイトニングを受けられるので、多少高かったとしても歯科のホワイトニングは良いのかもしれません。
どの歯科でホワイトニングを受けるのかにもよりますが、今はホームページ上でホワイトニングの料金などを掲載している歯科も増えてきているので、以前に比べると調べやすくなっていると思います。
そして、最近増えてきているのが、セルフホワイトニングを行えるホワイトニングサロンです。
セルフホワイトニングが出来るサロンは、そのサロンに行って自分でホワイトニングを行うタイプのホワイトニングになるようです。
セルフホワイトニングに関しては、最近までその存在自体を知らなかったのですが、インターネットを使って調べてみると、地域に何店舗かセルフホワイトニングのホワイトニングサロンがありました。
浜松市のホワイトニング「シャイニー」
費用を比べてみると、歯科で行うホワイトニングに比べると、セルフホワイトニングの方が自分でホワイトニングを行うということで、費用は安くなっているようです。
どちらがいいのかというのは実際に行ってみないと分からない部分ですが、効果を求めるのであれば歯科、費用が安い方を選ぶのであればセルフホワイトニング、ということになりそうです。
セルフホワイトニングも店舗によって若干やり方が違うようなので、実際に体験をしてみて自分に合ったホワイトニングの方法を見つけていくのが良さそうです。

エアコンの掃除


今日の午前中は、家の中にあるエアコン5台すべての掃除を行いました。
エアコンはそれぞれが別メーカーのため、フィルターの構造が違い掃除にとても苦心しました。
エアコンの取扱説明書は家の中にまとめてあったのですが、取扱説明書を見ても分かりにくい部分が割と多くありました。
それでも、1つ1つのエアコンを掃除していき、結局午前中いっぱいかかってすべてのエアコンの掃除を終わらせました。
本当に時間がかかることで、途中でくじけそうになりましたが、何とか終わらせられてほっとしています。
夏になるとカビも生えてくるので、エアコンの掃除はこまめにやっておかないといけなさそうです。
私は呼吸器が少し弱いので、出来るだけハウスダストは避けておきたいところ。
そう考えると、エアコン関係の掃除は1ヶ月に1回はしっかりやっていかないといけなさそうですね。

モーツァルトを聴いてみる


久しぶりにモーツァルトのCDを引っ張り出してきた。
昔はよく聴いていたのだが、どうもここ最近はご無沙汰になってしまっていたのだ。
それというのも、最近の自分の音楽の嗜好は、モーツァルトのような上品な音楽よりもショスタコーヴィッチのような力強さを感じる音楽を好んでいたからである。
それでも、最近の自粛生活の疲れからか、なぜかモーツァルトを聴きたいとふと思った。
久しぶりに聴いたのは、モーツァルトが作曲したフルート協奏曲ニ長調。
もともとはオーボエの作品だが、フルート協奏曲を聴くとそんなことすら忘れてしまうほどの完成度。
これが天才と言われる所以かと納得してしまう。
たまには、こうしてモーツァルトの音楽に浸ることも今の自粛生活の中では必要かもしれない。

最近のお気に入り


最近はラヴェルの作品も好きですが、ストラヴィンスキーの作品もよく聴きます。
その中でも、昔からお気に入りなのは、「春の祭典」です。
この作品は、中学校時代に初めて聴いたのですが、こんなにエネルギッシュでなおかつ繊細な音楽は初めてだったので、すぐに虜になってしまいました。
それにしても、昔聴いた音楽というのは不思議なもので、聴き始めるとその曲を聴いていた頃の自分に戻れるから不思議ですね。
でも、こうしてクラシックの作品を聴いていると気持ちも落ち着いてくるので、もう少し演奏を聴く時間を増やしていこうかなと思っています。
もともとクラシック音楽を聴くのは好きで、時間さえあればずっと聴いていたものです。
だから、今の時間だと少し自分にとっては物足りない気がします。
明日からは、もう30分演奏を聴く時間を増やしてみようと思います。

音楽を聴く時間


自粛生活に入ってからは、ゆっくり音楽を聴く時間ができて個人的には良かったかなと思っています。
最近よく聴いているのは、ラヴェルのオーケストラ作品です。
その中でも、「ダフニスとクロエ」や「亡き王女のためのパヴァーヌ」がお気に入りです。
ラヴェルの作品は昔から好きで、いろいろな曲を聴いていました。
久しぶりに昔聴いていたCDが出てきたので聴いてみたら、やっぱり自分はラヴェルの作品が好きなんですよね。
何というか、あの音の色彩感が個人的にはとても気に入っています。
まだ当分はこういう生活が続くのでしょうから、もう少しCDを増やしてみてもいいかもしれませんね。

不安がないわけではないけれど


今後のことに不安がないわけではないけれど、今できることをやっていくしかないのも事実なわけで。
だからこそ、今は冷静に何をするべきなのかを考える時期なのかもしれませんね。
今は、まず仕事の精査をやらないといけません。
どの仕事にどの程度のエネルギーと時間を割くのか。
そこを間違えてしまうと、結局何もできなく終わってしまいそうですから。
だから、まずは自分が今やっている仕事を書き出して、それが一体どのくらい重要でお金につながっているのかというのを調べる必要があります。
それをしてから行動しないと、大事なことを見落としてしまいますからね。

5月の風


昨日まで降っていた雨も止み、今日はさわやかな五月晴れです。
今こうしてパソコンの前で仕事をしているのですが、入ってくる風がとても気持ちが良い。
何というか、形容しにくいのだけれどとても軽くて気持ちの良い風です。
やっと初夏になって夏が近づいてきているのを感じますね。
個人的には、このくらいの季節が過ごしやすくて好きです。
この後はどんどん湿度が上がってくるので、どうしても過ごしにくくなってきてしまいますからね。
色々な面でまだ心の整理が出来てはいませんが、こんな空気の中でなら心穏やかに過ごせそうな気がします。