最近のお気に入り


最近はラヴェルの作品も好きですが、ストラヴィンスキーの作品もよく聴きます。
その中でも、昔からお気に入りなのは、「春の祭典」です。
この作品は、中学校時代に初めて聴いたのですが、こんなにエネルギッシュでなおかつ繊細な音楽は初めてだったので、すぐに虜になってしまいました。
それにしても、昔聴いた音楽というのは不思議なもので、聴き始めるとその曲を聴いていた頃の自分に戻れるから不思議ですね。
でも、こうしてクラシックの作品を聴いていると気持ちも落ち着いてくるので、もう少し演奏を聴く時間を増やしていこうかなと思っています。
もともとクラシック音楽を聴くのは好きで、時間さえあればずっと聴いていたものです。
だから、今の時間だと少し自分にとっては物足りない気がします。
明日からは、もう30分演奏を聴く時間を増やしてみようと思います。