モーツァルトを聴いてみる


久しぶりにモーツァルトのCDを引っ張り出してきた。
昔はよく聴いていたのだが、どうもここ最近はご無沙汰になってしまっていたのだ。
それというのも、最近の自分の音楽の嗜好は、モーツァルトのような上品な音楽よりもショスタコーヴィッチのような力強さを感じる音楽を好んでいたからである。
それでも、最近の自粛生活の疲れからか、なぜかモーツァルトを聴きたいとふと思った。
久しぶりに聴いたのは、モーツァルトが作曲したフルート協奏曲ニ長調。
もともとはオーボエの作品だが、フルート協奏曲を聴くとそんなことすら忘れてしまうほどの完成度。
これが天才と言われる所以かと納得してしまう。
たまには、こうしてモーツァルトの音楽に浸ることも今の自粛生活の中では必要かもしれない。